カテゴリ:本のこと( 9 )

c0167358_20494756.jpg
読みました。
「家日和」奥田英朗 集英社

笑える話あり、シビアあり。
そんなもんかもねーと思った話が〈家においでよ〉。別居することになった夫婦の話。夫側からみた独り暮らしのインテリア、快適空間の作り方。
あーっていうか男側の快適と女側の快適の相違。
これは永遠に交差しないかもね…とニヤニヤしながらよみました。
[PR]
久々にまとめ読み。

c0167358_1355324.jpg



「アフリカの王 上・下」  伊集院 静  講談社文庫
「いしいしんじのごはん日記」  いしいしんじ  新潮文庫
「三崎日和  いしいしんじのごはん日記 2」  いしいしんじ  新潮文庫
「ワルボロ」  ゲッツ板谷  幻冬舎文庫
「ひとりの女」  群 ようこ  集英社文庫
「パンチパーマの猫」  群 ようこ  文春文庫
「金春屋ゴメス」  西條 奈加  新潮社
「芥子の花」  西條 奈加  新潮社

いっぱい読んだかな?!
いしいしんじさんの本はごはんに魚がいっぱい出てきて、涎がダラ~ン。
三崎に住むと海が近いからだろうけど、、、うらやましい限り。
私は肉より魚大好き!
おいしい魚が毎日だったら毎日ニコニコしているでしょう。
焼き魚を一匹与えられたら静にきれいに食べています。

あ~おいしい魚食べたい。
でも川魚はちょぴっと苦手かな??小さい頃の思い出と絡みますが。。。
[PR]
カレンダーで確認してみれば
もう1月もおわりに近づいてきてしまいました。

c0167358_212597.jpg


最近まで読んでいた本たち。
『風が強く吹いている』 三浦しをん 新潮社 ¥1800(税抜き) 再読
『犬は神様』 山本容子 講談社 ¥1500(税抜き)
『その日の前に』 重松清 文藝春秋 ¥1429(税抜き)
『季節風*夏 僕たちのミシシッピーリバー』 文藝春秋 ¥???
『ドラママチ』 角田光代 文藝春秋 ¥1286(税抜き)

そんなに読んでないかな?!?!?
重松清さんの本は電車の中では読めません。それは泣いちゃうから。
私は本業が忙しくなってくると読むスピードが猛烈にアップするみたいです。

そして、以前友達に聞かれたこと。
「本は買っているの?毎月いくらくらい本代にあてているの?」
それは…最近は図書館を利用しています。
本当は購入して手元に置いておきたいですが、部屋も狭いですしお金もないし。
会社員時代は給料のほとんどを本に充てていたと思いだしました。
懐かしい。
[PR]
ずーっと読みたかった本!

三浦しをん 『風が強く吹いている』 新潮社

今読んでいます。
まだ半分くらいですが…

ドキドキです。
箱根駅伝の裏側ってこんな感じなのかも、ね。
遠い親戚が大昔走ったそうです。

装画・挿画が山口晃さんっていうのも魅力の一つ。
[PR]
かなり時間かけて読破。

c0167358_23405380.jpg

『仏果を得ず』 三浦しをん 双葉社
『流星ワゴン』 重松清 講談社文庫
『もっと、わたしを』 平安寿子 幻冬舎文庫
『太陽と毒ぐも』 角田光代 文春文庫
『思いわずらう ことなく 愉しく生きよ』 江國香織
『傷 慶次郎縁側日記』
『再会 慶次郎縁側日記』
『おひで 慶次郎縁側日記』
『峠 慶次郎縁側日記』
『蜩 慶次郎縁側日記』 北原 亞以子 新潮社文庫

今回は一か月くらいかかったかな~。
しをんさん、最高です。文楽の世界を垣間見ました。
江戸の街を感じたければ慶次郎縁側日記。
思いわずらう ことなく 愉しく生きよ  そうですよね~楽しくなくっちゃ!
[PR]
くりくほさんのブログに登場していた
c0167358_1162015.jpg
『海辺のカフカ  上下』     村上春樹著  新潮文庫 

読んでみました。
時空を越えて。。。と感じました。

カフカって仏語でカラスの意味なんですね~。
[PR]
なかなか読む時間が無いのですが、寝る前などに楽しんでます。

c0167358_20262471.jpg

『負の紋章』  ヒキタクニオ  徳間書店刊


ウム~といろんな意味で考えさせられました。
[PR]
ここのところ、少し読むのを抑えてます。
だって制作しないと!東急百貨店 東横店にでることに決まったのです!
c0167358_1322328.jpg
でも、息抜き。
読んじゃいました。
『C`est si bon セ・シ・ボン』 平 安寿子  筑摩書房
『千年の祈り』  イーユン・リー 篠森ゆりこ訳 新潮クレスト・ブックス
『花まんま』  朱川 湊人  文藝春秋

元気を貰ったり、心がしっとりしたり。。。やっぱりいいものです。

頑張って制作します。
[PR]
c0167358_22412190.jpg

私の趣味(?)とまでいえるかどうか。。。
本はいつも鞄の中にしのばせています。

先週読んだのは~
『聞き手は一日してならず』 永江 朗 (新潮文庫)
『河岸忘日抄』 堀江 敏幸 (新潮文庫)
『古本道場』 角田 光代・岡崎 武志 (ポプラ文庫)
『アカペラ』 山本 文緒 (新潮社)
『角』 ヒキタクニオ (光文社文庫)

こうやってみると一日一冊ペース。
「おーい!制作はどうなっているんだーい?」という声が聞こえてきそう(笑)

息抜きに読んでます。
小説はスイスイ読めるんですが、参考書やマニュアル本はカラキシだめです。
[PR]